2019年5月15日水曜日

公益財団法人日本スポーツ協会公認コーチⅠ養成講習会開催について


2019年度公益財団法人日本スポーツ協会
スポーツクライミング公認コーチ1養成講習会 開催要項
 

  1. 目  的

地域スポーツクラブ等において、スポーツに初めて出会う子どもたちや初心者を対象に、競技別の専門的な知識を活かし、個々人の年齢や性別などの対象に合わせた指導にあたるとともに、施設開放において利用者の指導支援を行う者を養成する。

 

  1. 主  催  公益財団法人日本スポーツ協会

        日本山岳・スポーツクライミング協会

 

  1. 主  管  公益財団法人 鳥取県体育協会
            鳥取県山岳・スポーツクライミング協会
     

  1. カリキュラム

  1. 共通科目35時間(通信講座)
  2. 専門科目30時間(集合研修)

  1. 時間数は競技団体によって異なる。
  2. 各競技別に各都道府県競技団体が主管して実施する。
  3. 講習及び試験の免除措置については、当該中央競技団体が定める基準による。
     

  1. 期日・場所・日程

  1. 期日:20191116日(土)~1117日(日)
       201912 7日(土)~12月 8日(日)
    (2)場所:「名和農業者トレーニングセンターなど」
    (3)日程:別紙参照
     

  1. 受講者
    〈受講条件〉
    (1)受講する年の41日現在、満20歳以上の者で、実施競技団体が定める条件。
    (2)地域においてスポーツ活動を実施しているクラブやグループ、スポーツ教室で実際的指導にあたっている指導者及びこれから指導者になろうとする者。
    〈受講者数〉

受講者数は10名程度とする。

 

  1. 受講申込み
     
    426日~628までに「指導者マイページ」(https://my.japan-sports.or.jp/login)から
    申込を行う。
     
  2. 受講料
    共通科目:19,800円(税込)
    専門科目:15,400円(税込)
    (上記金額を基準とし、専門科目の競技特性、講習会等の事情により変更される場合がある)

  1. 免除・資格審査料については別に定める。
     
     
     
     
     

  1. 受講者の決定
    都道府県体育・スポーツ協会から提出された申込書などの関係書類に不備がない者を受講者として内定し、NHK学園または都道府県体育・スポーツ協会を通じて本人に通知する。
    受講内定後、受講料の支払いを完了したものを受講者として決定する。
    原則として、他の日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格との同時受講は認めないこととする。

    1. 受講有効期限
      受講者は原則として受講有効期限内(受講開始年度を含め4年間)に共通科目と専門科目のすべてを修了しなければならない。

なお、期限内に修了しない場合は、その時点で受講者としての権利をすべて喪失するが、専門科目講習会が有効期限内に実施されない場合はこの限りではない。

    1. 受講取消し
      受講者としてふさわしくない行為があったと認められたときは、日本スポーツ協会指導者育成専門委員会で審査し、受講資格及び受講済みの科目を全て取り消す場合がある。
       

  1. 講習・試験の免除
    既存資格及び日本スポーツ協会免除適応コースの履修等により講習・試験の一部または全部を免除することができる。免除に関する詳細は、別に定める。
     
  2. 検定・審査

講習に基づく、検定・審査は、共通科目と専門科目に区分して実施する。

  1. 共通科目における検定試験は、通信教育(NHK学園)課題検定による判定とし、日本スポーツ協会指導者育成専門委員会において審査を行う。
  2. 専門科目における検定は、技能検定を主体に筆記試験などを加えた総合判定とし、各中央競技団体指導者育成担当委員会において審査する。
  3. 共通科目、専門科目のいずれもの検定に合格した者を「公認コーチ1養成講習会修了者」として認める。
     

  1. 登録及び認定

  1. 共通科目及び専門科目の検定に合格し、その後、指導者登録(登録申請書の提出及び登録料の納入)を完了した者に、日本スポーツ協会公認コーチ1「認定証」及び「登録証」を交付する。
  2. 登録による公認資格の有効期限は4年間とし、本資格を更新しようとする者は、資格有効期限の6か月前までに、日本スポーツ協会又は当該中央競技団体の定める研修を受けなければならない。(ただし、既に公認スポーツ指導者資格を有する者については、既所有資格の有効期限となる)
     

  1. その他
    (1)本講習会風景の写真等は、日本スポーツ協会ホームページ及びその他関連資料へ掲載する場合が
    ある。
      (2)天災地変や伝染病の流行、講習会場・輸送等の機関のサービスの停止、官公庁の指示等の日本ス
    ポーツ協会が管理できない事由により、講習内容の一部変更及び中止のために生じた受講者の損
    害については、日本スポーツ協会ではその責任を負いかねる。
    (3)本講習会受講に際し取得した個人情報は、日本スポーツ協会、都道府県体育・スポーツ協
    会、各中央競技団及び各都道府県競技団体が本講習会の受講管理に関する連絡(資料の送
    付等)及び関係講習会を実施する際に利用し、これ以外の目的に個人情報を使用する際は、
    その旨を明示し了解を得るものとする。
     
  2. 問合せ先
         担当:鳥取県山岳・スポーツクライミング協会 登山技術委員会 渡辺公二
      連絡先:TEL090-2294-7281 E-mail koji-w@chukai.ne.jp
     

2019年4月21日日曜日

平成31年度鳥取県高等学校新人登山大会

1.期日:4月19日(金)~21日(日)
2.参加:生徒64名(男子49-名・女子15名) 顧問・役員:18名
3.参加校:鳥取西・鳥取工業・鳥取湖陵・鳥取中央育英・米子東・米子工業・境港総合技術
4.コース:安蔵森林公園一帯
                       安蔵森林公園→安蔵峠→鷲峰山→安蔵森林公園→展望台→安蔵森林公園
5.今年度は安蔵森林公園をベースに開催しました。距離は短いですが、ブナ林の稜線を進む高低差のあるコー 
 スです。
  大会初日は、寒く、雨の中の幕営でしたが、登山行動日は穏やかな春の日差しの下、頑張って登山行動をし
 ました。
  今大会は1年生が男子11名、女子3名、昨年に続き多くの1年生が参加しました。初めての山行で、体調
 不良によりリタイアした生徒もいましたが、元気よく行動していました。今後の成長が楽しみです。






2019年4月19日金曜日

安全登山講習会(セルフレスキュー)の開催について


主催:鳥取県山岳・スポーツクライミング協会
共催:日本山岳・
スポーツクライミング協会山岳共済会
目的         登山中にアクシデントが起こったときの自己対応力を高めるとともに、救助隊を待つ間も安全に過ごすための方法・装備などについて習得する。また、道迷いなどで遭難しないための読図技術などを習得する。
内容         ・一般登山での事故者の小移動の方法、搬送法、ビバークの方法等
    
・地形図、コンパス、GPS等の活用方法
日時          令和元年69(日)9:0016:00 (※少雨実施)
集合         大山総合体育館(研修室) 午前9:00
(鳥取県西伯郡大山町大山124 大山スポーツ公園内)
 ※豪円山スキー場の横の道を車で下った所にある体育館です。
講習場所          大山総合体育館、および登山コース沿い
参加費         1,000
※鳥取県山岳・スポーツクライミング協会会員で、かつ日山協山岳共済の加入者は無料。
なお、その他の山岳保険加入者については、保険が重複するかもしれませんが参加費が必要です。
定員          15名程度(申し込み多数の場合は先着順)
参加資格          特になし
申し込み          531日(金)締切 ※下部記載の申込先まで。
申し込み時には下記事項をご連絡ください。
①所属山岳会(無所属も可) ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④性別 ⑤住所
⑥電話番号 ⑦日山協山岳共済への加入の有無
      (※個人情報は必要事項の連絡、および保険手続きに使用します。)
準備品         登山靴、ザック、雨具、登山に適した服装、昼食、飲料
※マット類・ツェルト・細引き・スリング・カラビナ・補助ロープなど、搬送やビバークに使えそうな装備がある方はご持参ください。また、講習は実際に山でも行いますので、虫よけ等の準備も各自お願いします。
その他          ・少雨決行とします。悪天候などのやむを得ない事情により中止となる場合があります。その場合は申込時にお聞きした番号へ電話連絡いたします。

【問い合わせ・申込先】
 鳥取県山岳・スポーツクライミング協会(遭難対策委員会) 
神庭 進 090-2809-3721(ショートメール可)


2019年3月29日金曜日

大山春の一斉清掃のご案内

通算84回目となる春の大山一斉清掃が、下記の通り実施される旨案内がありました

鳥取県山岳・スポーツクライミング協会として申し込みますので
参加される方は、4月9日(火)までにご連絡下さい。 

※連絡先 松塚(自然保護委員会)TEL 090―7548―9122

  

             記

 

1 日  時 平成31年4月21日(日)

       開会式 3会場とも  午前9時~

 

2 清掃場所 大山町大山  : 大山第4駐車場(博労座)集合

       伯耆町桝水高原: まつおか食堂前集合
       江府町大平原 : エバーランド奥大山集合
 
       ※琴平町一向ケ平では別途日程で実施されます。
        「山開き式&クリーン作戦」
        お問い合わせは琴浦町商工観光課(電話 0858-55-7801)まで
 
3 提 供 品  ゴミ袋・軍手(提供:JT日本たばこ産業株式会社)
    (予定) ※いずれも当日のお渡しとなります。
 
4 中止判断 災害発生や危険を感じる荒天以外は基本的に催行します。
       もし、中止の場合は、当日朝7時までに大山町行政HP
       (https://www.daisen.jp/)でお知らせします。

2019年3月19日火曜日

平成31年度 国民体育大会 スポーツクライミング競技 鳥取県代表選手選考大会のご案内


下記のとおり標記の大会を開催しますので、国体を目指す選手のみならず、ジュニアをはじめ、クライミングをされておられる方にはぜひ積極的な参加をお願いいたします。


.主  催  公益財団法人鳥取県体育協会
2.主    管  鳥取県山岳・スポーツクライミング協会
3.開催期日  平成31年4月13日(土)
4.会  場  鳥取県立倉吉体育文化会館 ( 鳥取県倉吉市山根529-2 )
5.実施種目    リード・ボルダリング競技
6.参加基準  鳥取県内在住及び鳥取県出身者でクライミングの経験を有する者
7.参加種別  全5種別
                 ①成年男子(満18歳以上)
                 ②成年女子(満18歳以上)
                 ③少年男子(中学3年~高校3年) 
                 ④少年女子(中学3年~高校3年)
                 ⑤ユース(小学6年~中学2年 男女共通)
                  ※年齢・学年は平成31年4月1日現在のもの
8.日  程    役員集合     8:00
                受  付     9:00 9:30
                開会式     10:0010:15 
                競技開始    10:30
                   ・ボルダリング競技
                   ・リード競技
                終了        15:00(予定)
                表彰式      15:30(予定)
                  *競技順、競技方法等は参加人数等による設定します。
                  *競技終了、表彰式の時間は進行具合で変更します。
9.セッター 瀬戸 啓太
10.競技上の規定及び方法
(1)ボルダリング競技は4課題程度のベルトコンベア方式による決勝のみを行います。
(2)リード競技は1課題による決勝のみを行います。
(3)競技方法については、参加人数等により変更する場合があります。
(4)競技は2019IFSCルール、国体山岳競技規則に準じて実施しますが、特別に設けた規則で実施することもあります。
11.参加申し込み
(1)4月5日(金)までに別紙申込書をFAX又は郵送により申し込むか、必要事項を下記アドレスにメール送付してください。(データが必要な方は下記にメールをしてください)
      【申込先】〒680-1437  鳥取市大畑175番地2  山田佳範
                    電話・ファクシミリ 0857-57-0837 
                    アドレス: yamada4419zo@yahoo.co.jp
(2)県代表を目指す選手は各自で2019年度(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会の選手登録をしてください。なお、高体連山岳部に所属する選手は団体登録となります。成年、中学生等は個人登録をお願いします。所属は「鳥取県山岳・スポーツクライミング協会」としてください。
12.その他
(1)昼食は各自で準備してください。
(2)服装は競技に支障のない範囲で自由とします。
(3)競技中の事故、疾病について主催者は一切責任を負いません。必要な救急品等は各自で携行してください。
(4)参加費として、当日の受付で,000円を徴収します。
(5)各種別の上位3位までに賞状を授与します。
(6)国体選手は、本予選会の成績結果をもとに県山岳・スポーツクライミング協会が選考し、県体育協会に推薦します。
(7)本件問い合わせ先  山田佳範
(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会 スポーツクライミング委員長)